×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

 

 


どうかこちらにお出で下さいませ

 

ようこそ中国進出サイトにお出でくださいました。

迷いサイトに入られましたので Official Site のボタンをクリックされて

中国進出ホームページトップにお出でくださいませ。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友情リンク参考一下

聘请中文老师 招聘中文老师 找中文老师 招聘老师 找中文老师

中文网页开拓日本市场 免费网页空间

教日本人中文 教美国人中文 网页学习中文 个人学习中文 如何学好中文 在skype学习中文 商务中文 日本孩子学中文
日本孩子如何学中文
解决不能学到中文 开始学习中文

中国稻草? 从大连出口稻草绳子 处理消毒的稻草绳子 制造稻草工品 稻草?在中国的?北

制作动画 制作动慢 聘请制作动画 副業で得る副収入

 

中国進出への足掛かり


中国語ホームページで中国市場進出サポート 。現在外資系企業が中国にて会社を設立する場合は10万元の資本金から会社設立を行うことができます。これにより、外資系企業や外国人の中国進出がだいぶ容易になったと言えます。法人から個人まで、いまや簡単に中国市場進出ができる時代です。「中国市場」で最高のビジネスチャンスをつかんで下さい。  中国は今「内需拡大」をスローガンに掲げ、国内市場を拡大しようと、矢継ぎ早に様々な政策を公布、実行しています。人口減少でこれからも成長率の上昇が難しい日本市場から外へ目を向け、「世界の市場」へと変わりつつある中国市場に、今こそ日本式顧客サービスで中国進出すれば成功の芽も出てきます。 私たちは中国語ホームページの作成や中国の方々によく使われている中国語googleでの検索上位へのSEO対策をし、中国語ホームページで日系企業や個人の中国市場進出をサポートしております。

的確に中国での販路を確保したり中国進出を果たすには中国語のホームページが欠かせません。

 

 

中国市場進出 会社設立の前にもっと知ることがありませんか

 
中国進出、会社設立には非常に煩雑な手続きを踏まなければなりません。それにもまして重要なのは組む相手です。下請け探しもあるでしょう。これらは今や自ら捜し求めるのが常道となってきています。中国市場進出の会社設立以上に大事なことは中国進出で自らがコンタクトできる環境つくりです。必ず必要で役に立つものが中国語ホームページです。あなたの中国への工場進出を成功させるために可能な限りの情報やパートナーを得るために中国語の貴社の中国での事業展開の意思のあるホームページを作成してください。中国では会社を設立してからも中国市場での成功の気持ちを持ち続け、実践することが大事です。中国に進出したことが工場進出のゴールではなく始まりなのです。そのためには中国語のホームページで常に貴社の事業意思を公にして中国に進出の意識を中国の方々に伝えてください。貴社の中国市場進出の成功をお祈りいたします。

 

中国進出というと不安、不信、不満がつきまといますが、自らが集めた情報に不安を解消するヒントが多く隠されています。まずはお気軽に ご相談ください。

中国進出サポート
斉藤義樹

seo.good1@gmail.com

 

中国市場進出の戦略!

中国は2001年WTOに加盟し本格的な対外市場開放政策を宣言しました。2004年末より貿易・流通販売でも全面開放し、2005年7月には人民元為替制度改革に踏み切りました。 中国改革開放政策実施後も世界の企業が中国市場への進出を果たし中国での生産増強、更に中国市場参入を目指して積極投資を展開しています。中国進出の難しさを乗り越えて事業果実を手の中に取り入れております。

なぜ中国への進出が魅力的なのか? 中堅中小企業にとっての中国進出を「売る立場」と「生産する立場」からの視点でわかってきます。中国市場進出検討から事業開始準備 多様性に満ち溢れた中国で成功するための最初のステップは中国語ホームページで貴社の紹介とパートナーを求めることです。 1.中国進出検討と決定 2.会社設立申請と認可 3.事業開始準備 中国でのビジネスのリスクと対応策 中国ビジネスの様々なリスクの分析やそこで必要となる保険の活用方法 など多くの注意項目があります。また 1.顕在化するリスクとその対策 2.物に対する保険 3.人に対する保険 と言うような進出リスクに伴う知識と理解も必要です。

 

中国市場進出で騙されないための戦略!

自信に満ちた自社商品を中国に売り込むための販路を中国に求めたいと中国進出を本気でお考えの皆様に、私たちは最初のステップとして中国語ホームページの作成をお勧めします。中国市場進出後の生産や日中貿易で発生する「コスト」「人材不足」など「輸出から販売」などの悩みを、自らが事前に知るためにも中国語ホームページでパートナーを探すことも今や潮流となりつつあります。既に中国進出を果たされている企業の方々にも、急激に変わり行く中国経済社会で新たな人材とパートナーを得るために中国語ホームページは欠かせません。私たちの中国市場開拓をお考えの中小企業様を安価にできる当たり前の仕事をさせて頂きます。中国市場進出で販路拡大するにもコストは莫大にかかります。実行する前にやるべきことは簡単なことです。貴方を中国の方々に知ってもらうことです。中国での販路拡大のご成功をお祈り申し上げます。

 


中国市場の調査結果に頼るだけでは中国市場進出は叶いません!

中国における消費者行動は日本とは少々異なります。
中国の習慣や伝統を考慮し(しかも地域により異なります)、中国にふさわしい市場進出手段を用いなければ的確な進出要件を満足することはできません。消費者行動とともに企業経営者の考え方も理解し中国市場に相応しい対応をとらなければよい成果を得ることはできません。
私達の制作する中国語ホームページは中国における消費者行動を踏まえ、さらに今までに培った中国でのビジネス経験に加え、過去培ってきたマーケティングリサーチの日本でのノウハウを活かすほか、私達の大連事務所や東北済経大学の研究者などのネットワークを駆使し、インターネットリサーチから集合調査などを考慮して最適な中国語ホームページを制作します。
未公表の企業別輸出入データはあるか?
中国税関標準分類(8桁HSコード)品目別・企業別輸出入データ。
中国の品目別・企業別輸出入数量、金額データ。
特定商品の詳細な輸出入データや競合企業の動向把握。
中国進出等をご検討されている企業様を対象に「中国市場進出支援」中国語ホームページの作成をお勧めしております。 これらの中国語ホームページで、中国に販売展開したい製品の販路確保・サービスを対象としたカウンターパートナー探しや中国のニーズ把握、市場調査、現地提携候補企業の発掘等を行いビジネスモデルの構築を一歩進めます。
中国への進出を目指す日本の中小企業様からの積極的な以来をお待ちしております。中国語ホームページの詳細については詳細をご説明いたしますのでお気軽にメールでお問い合わせください。
○中国進出を検討されている中小企業様

  1. 医療システム

○コールセンターシステム

  1. 工場進出をお考えの企業様

○北京、瀋陽、大連、長春、その他中国東北エリア
① 中国市場進出の情報のご相談
② ヒヤリングとビジネスモデルの検討
E-mail: seo.good1@gmail.com
③ 海外提携候補企業の発掘とビジネスモデルの研究
④ 中国進出及び提携候補企業の発掘等の告知
⑤ 契約交渉支援 (e-mail連絡の翻訳)

中国語ホームページはまだまだ発掘されていない中国市場を全国レベルで探すことが可能です。中国ビジネスは上海を中心地とした範囲だけではありません。中国市場は広く底深く展開できます。単なる中国語ホームページの制作にとどまらず、取っ掛かりの商談を中国語で推進できるようにe-mail翻訳サービスも行っています。日中ビジネスコミュニケーションの切り口から入る、中国市場進出の可能性を秘めた提案です。また提携企業候補を探るための突破口としても十分に活用できます。いずれ会社訪問で実際に商談を進めるところまでもっていければと願っています。
お客様に中国語のできる人材がなくても当面は困りません。E-mail翻訳通信を代行いたします
中国国内に販売ネットワークを構築したいと願っている中小企業様に経済的で効率的な中国語ホームページを提案させて頂きます。中国市場に自社製品の販路拡大の可能性等直接中国企業に働きかけられます。

「e-mail営業通信代行システム」の特徴
・海のものとも山のものともわからない初期の段階で中国語のできる人材をそろえるのは大変です。これらのビジネス連絡を非常に安価に翻訳e-mailで代行通信させて頂きます。
・充実したSEO対策と中国進出。
・中国国内マーケットの突破力ある新規顧客開拓を目指す。
・貿易取引の仲介契約コンサルティングも行います。

・各種「ビジネスサポート」のご提供

◆「中国語ホームページ」活用のメリット
・困難な中国市場進出で販路開拓に経済的に挑戦できる。
・中間商社を省き、中国市場エンドユーザーとの直接売買契約が可能となる。
・中国市場のニーズ、製品開発情報が中国企業を通じて直接入手できる。
・中国市場での営業コストの削減。
・中間商社を省き、また自社営業組織人員の不足を補い早めに中国進出に着手できる。
・営業経費をノーリスク化できる
・販売可能性調査(市場規模、中国の輸入規制、関税・営業に関わる税制等)
・流通チャンネル(販売ルート)
・貿易・物流
・販売戦略
・知的財産戦略
・売上金回収と債権管理

②中国販売提携先(販売ルート)の開拓
中国市場で成功するためには、現地の良い販売提携先を持つことが必須です。
お客様で直接新規顧客開拓を行うことが可能で、百貨店・総合スーパー・専門販社(卸事業者)・通販事業者・ネット販社・テレビショッピング
など、御社商品アイテムに応じて、多様な販売ルートを見据えられます。  
また、部品・中間資材・機械類等につきましても、中国ローカル・外資系メーカー等への直接販売にも可能性が広がります。
現地でのご商談が必要な場合、通訳としてもお役に立てます。
ご商談からご契約の締結まで直接御社が直接できる環境が出来上がります。
中国の新規顧客開拓に向けての営業経費・販促経費を相当圧縮できます。
お取扱商品は無限です。どのような商売をなさっている日本の企業様にも中国語ホームページは前向きなビジネスに機能します。
部品・資材・中間製品・完成品・機械類などの商品、並びに各種サービスなど、あらゆる分野に対応いたします。

[経済ニュース]
2月21日、中国携帯電話市場における「日本製ケータイ」は、東芝、三菱など、失敗先例があるが、シャープ(SHARP)は中国を重要な海外市場と見て、液晶テレビの知名度を借りて「中国ケータイ市場」を開拓するとのこと。
「当社は海外市場進出を促進する計画がある。中国市場は同計画の一環。」と、中国分社の関係者が述べた。
詳細な計画は明かとなっていないが、間もなく中国ユーザー向けに提供を開始、端末テストも既に終え、4月にも売り出されるという。
1月に京セラが中国から撤退し、日本メーカー不在となっていた「中国ケータイ市場」。
モトローラや、ノキアといった海外強豪メーカーとの熾烈な市場シェア争奪戦にSHARPは挑む。
今回のSHARPの成果如何で、「中国ケータイ市場」における「日本製ケータイ」の将来が左右されるとの声も上がっている。
(China Press 編集部:CW)

私達は、日本・中国それぞれのメーカー様からのご依頼に基づき、中国市場進出・工場進出を行う「中国語ホ―ムページ 日本語ホームページ 制作」を展開しています。中国市場の開拓を目指す日本ご依頼企業様には、中国の市場に精通したホームページエディターが、突破力ある市場進出と、的確なマーケティングのできるホームページを制作します。

「中国語ホ―ムページ」は、お客様と中国企業をつなぐ、コミュニケーションプラットフォームです。
中国企業に対してお客様の明確な商品提示で商品力を伝達し商談のきっかけを掴む

 

工場進出をお考えの企業様

○北京、瀋陽、大連、長春、その他中国東北エリア
① 中国市場開拓の情報のご相談
② ヒヤリングとビジネスモデルの検討
E-mail: seo.good1@gmail.com
③ 海外提携候補企業の発掘とビジネスモデルの研究
④ 中国市場開拓及び提携候補企業の発掘等の告知
⑤ 契約交渉支援 (e-mail連絡の翻訳)

中国語ホームページはまだまだ発掘されていない中国市場を全国レベルで探すことが可能です。中国ビジネスは上海を中心地とした範囲だけではありません。中国市場は広く底深く展開できます。単なる中国語ホームページの制作にとどまらず、取っ掛かりの商談を中国語で推進できるようにe-mail翻訳サービスも行っています。日中ビジネスコミュニケーションの切り口から入る、中国市場開拓の可能性を秘めた提案です。また提携企業候補を探るための突破口としても十分に活用できます。いずれ会社訪問で実際に商談を進めるところまでもっていければと願っています。
お客様に中国語のできる人材がなくても当面は困りません。E-mail翻訳通信を代行いたします
中国国内に販売ネットワークを構築したいと願っている中小企業様に経済的で効率的な中国語ホームページを提案させて頂きます。中国市場に自社製品の販路拡大の可能性等直接中国企業に働きかけられます。

  裕福な沿海部人口だけでも4億人。  今や中国は巨大市場として魅力的です。
  日中間の政治的な問題があるにも関わらず、日本の良い商品は非常に人気があります。
    わざわざ、商品やブランド名の一部に、日本の「ひらがな」を入れるほどです。
    大企業のハイテク商品だけとは限りません。現在の技術で中国市場はまだまだ開拓できます。
    安全・安心な商品、日本文化の香りのする商品、健康・環境に配慮した商品なども有望です。
   中国市場で販路を確保し有望商品に育て上げることは大変ですが、どちらにしてもきっかけを掴むことが先決です。
人任せの開拓ではなかなか成功に導くのは難しく、自らが新規販売ルート開拓を行い、自社商品の販売促進に向けたプロモーションを行います。
    優れた商品を是非中国巨大市場にチャレンジいただきたいと存じます。

 

「e-mail営業通信代行システム」の特徴


・海のものとも山のものともわからない初期の段階で中国語のできる人材をそろえるのは大変です。これらのビジネス連絡を非常に安価に翻訳e-mailで代行通信させて頂きます。
・充実したSEO対策と中国市場開拓。
・中国国内マーケットの突破力ある新規顧客開拓を目指す。
・貿易取引の仲介契約コンサルティングも行います。

各種「ビジネスサポート」のご提供

「中国語ホームページ」活用のメリット


・困難な中国市場の販路開拓に経済的に挑戦できる。
・中間商社を省き、中国市場エンドユーザーとの直接売買契約が可能となる。
・中国市場のニーズ、製品開発情報が中国企業を通じて直接入手できる。
・中国市場開拓の営業コストの削減。
・中間商社を省き、また自社営業組織人員の不足を補い早めに中国市場開拓に着手できる。
・営業経費をノーリスク化できる
・販売可能性調査(市場規模、中国の輸入規制、関税・営業に関わる税制等)
・流通チャンネル(販売ルート)
・貿易・物流
・販売戦略
・知的財産戦略
・売上金回収と債権管理

②中国販売提携先(販売ルート)の開拓
中国市場で成功するためには、現地の良い販売提携先を持つことが必須です。
お客様で直接新規顧客開拓を行うことが可能で、百貨店・総合スーパー・専門販社(卸事業者)・通販事業者・ネット販社・テレビショッピング
など、御社商品アイテムに応じて、多様な販売ルートを見据えられます。  
また、部品・中間資材・機械類等につきましても、中国ローカル・外資系メーカー等への直接販売にも可能性が広がります。
現地でのご商談が必要な場合、通訳としてもお役に立てます。
ご商談からご契約の締結まで直接御社が直接できる環境が出来上がります。
中国の新規顧客開拓に向けての営業経費・販促経費を相当圧縮できます。
お取扱商品は無限です。どのような商売をなさっている日本の企業様にも中国語ホームページは前向きなビジネスに機能します。
部品・資材・中間製品・完成品・機械類などの商品、並びに各種サービスなど、あらゆる分野に対応いたします。

 

  私達は、日本・中国それぞれのメーカー様からのご依頼に基づき、中国の市場開拓・工場進出を行う「中国語ホ―ムページ 日本語ホームページ 制作」を
展開しています。中国市場の開拓を目指す日本ご依頼企業様には、
中国の市場に精通したホームページエディターが、突破力ある市場開拓と、的確なマーケティングのできるホームページを制作します。

  「中国語ホ―ムページ」は、お客様と中国企業をつなぐ、コミュニケーションプラットフォームです。
     中国企業に対してお客様の明確な商品提示で商品力を伝達し商談のきっかけを掴む

 

 

 

SEO対策 と アクセス解析

 

SEO対策のご相談をお承ります。

貴社のサイトをご希望のキーワードで上位に検索されるように最適化致します。

お気軽にご相談下さいませ。

SEO効果とランキングによって貴社のホームページのアクセスアップをはかってビジネスがより有利に展開できるようにしましょう。

SEO対策による検索上位表示は広告以上の効果が期待できます。検索エンジンランキングは常にチェックしていきます。

有名3大サーチエンジンでのキーワードの順位をまとめて調べるSEOツールを使って常に自分のホームページの検索順位を貴社に代わってチェックします。

順位が下がればアルゴリズムの変わりを考慮して再び検索上位になるようにSEO対策を行っていきます。

検索上位を狙うにはキーワードも非常に大きなファクターになってきます。

ページ内に含まれているキーワードをチェックし全体の何%含まれているかチェックするなど、重要な手法によりSEO対策をとってまいります。

 

検索エンジン最適化とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えることです。

サーチエンジン最適化とも言われているSEOとは一般的に英語の Search Engine Optimization&quot の頭文字をとっています。

最適化の対象になる検索エンジンは、米国では主としてGoogleであることが多いのですが、

日本ではサーチの利用者が多いYahooをサーチ対策として重視したほうがいいでしょう。

SEO最適化を不適切に行うと検索エンジンのランキングが意図的に変更されて、結果的に利用者の利益を損なうことがあるため細心の注意が必要です。


 

 

検索エンジン最適化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


検索エンジン最適化(けんさくエンジンさいてきか、英:サーチエンジンオプティマイゼーション、SEO)とは、
ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。また、その技術。


 

概要

 企業にとって、検索エンジンの検索結果の上位、特に1ページ目に表示されるかどうかということは、顧客を呼び込めるかどうかに関わる、極めて重要な問題である。

このため、各企業が、検索結果の上位に表示されるようにしのぎを削っている。最適化の対象になる検索エンジンは、シェアが高い(特にアメリカ)ことからGoogleで

あることが多い。日本では利用者が多いため、Yahoo!サーチ対策も重視されている。最適化を不適切に行うと、検索エンジンのランキングを意図的に変更され、結果と

して利用者の利便性を損なうことになるため注意が必要である。また、検索エンジン最適化のことを「SEO対策」と言われることもあるが、これは誤用である。最適化と

対策はほぼ同義語なので、強いて対策という言葉を使うなら「検索エンジン対策」と言うべきだろう。検索エンジンのディレクトリに登録することを「SEO」と言うのは

間違い。

 

歴史


SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって自分のサイトへの

アクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の方式にのっとり、自分のサイト

のURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指

すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で

高順位のサイトの共通項となった。そしてこのようなサイト所有者の必要に応えるべく、SEO会社も立ち上げられ、検索エンジンの持つ内部論理アルゴリズムの

分析・探求の動きが促進された。SEOの定義・目的に関しては、「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して

関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、

検索ページにおいて当該サイトの表示を目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれる

ことになる。日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者の台頭が本格化し始めた。

一方2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。

 

論争


「主な問題:検索エンジンスパム」

この産業が発展すると、検索エンジンは急速に良心的でないSEO企業がどんな手を使っても顧客のためにアクセス数を増やそうとするのを、用心するようになった。

(もっともよくある問題は、検索結果が無関係になることである。)キーワード・スパムとよばれる頻繁な手口のひとつは、ウェブページの最後に任意の文字列を

挿入し、ページの背景色と同色にすることである。文字列は順位を高め、アクセス数を高める目的のため、頻繁に検索される単語(例えば sex)を含んでいる。

検索エンジンは次々と対策をとって、これらの人為的なテクニックによる「雑音」を除去するように企図した。それに対し、いくつかのSEO会社は、さらに微妙な

テクニックを使って順位に影響を与えようとした。Googleは特にスパム行為に厳しく、ドイツのBMWとリコーのウェブサイトがJavaScriptによるリダイレクトを

行なった時にそれをスパム行為と判断し、検索対象から削除した事がある。日本でもサイバーエージェント系列のウェブサイトが、スタイルシートによって大量の

隠し相互リンクをページ内に埋め込んだ行為をスパム行為と判断されて、検索対象から削除された。現在は、いずれのウェブサイトも対処を行い、検索で引っかかる

ようになっている。このように、検索結果から排除されることを、村八分になぞらえて検索エンジン八分、特に代表的な検索エンジンであるGoogleを代名詞として

グーグル八分と呼ぶ(ただし、検索エンジンは特定のサイトが検索結果に現れない理由を公表しないため、必ずしもスパム行為が原因とは言えない排除もあるとされ、

時として検索エンジン運営会社を相手取っての訴訟にまで発展する場合もある。検索結果から外された企業にとっては、それほどの死活問題であるということである)

 

和解


当初は「ウェブページのページランキングを上げることを目的とするいかなる形態のSEOも、検索エンジンスパムである」としてきた検索エンジン業者だったが、

時が経つにつれて、「サーチエンジンの順位向上とアクセス増加の手段として受け容れられるもの」と「そうでないもの」に分かれるという結論に達した。

2000年代前半には、検索エンジンとSEO会社は非公式な休戦に達した。SEO企業にはいくつかの階層があり、もっとも評判の高い企業は内容に基づいた最適化を行い、

検索エンジンの(渋々ながらの)承認をうけている。これらのテクニックには、サイトの案内やコピーライティングを改良して、ウェブサイトを検索エンジンの

アルゴリズムによく知らせるように企図することが含まれる。検索エンジン自体もSEO業界に接近し、しばしばSEOの会議やセミナーのスポンサーや来賓になっている。

実のところ、有料登録により、検索エンジンはいまや最適化業界の健全さに既得権益をもっているのである。

 

有料登録


有料登録は、検索エンジンにウェブサイトのリストを提出する有料モデルである。

 歴史的に検索エンジンは、ウェブマスターやSEO会社、一般公衆に検索エンジンに登録したいサイトを自由に提出することを許してきた。しかしながら、評判の

わるいSEO会社がこの仕組みを悪用し、登録したいページをとどまることなく送りつけるようになったため、検索エンジンの処理能力に支障をきたすようになった。

そこで、サイトの登録依頼の提出に人為的な制限を加える一手段として、有料化が行われた。有料登録で支払われる料金は、余分な提出に対するフィルタリング

作業に用いられる他、単純に運営会社の収入源にもなっている。検索エンジン会社は、いまだに無料提出フォームを提供しているが、この経路での分類登録までの

期間は保証していない。

 Googleは、有料掲載を取り扱うのに、倫理的な注意を払っている。検索結果は支払いの有無によって影響されず、有料の「広告」には、「スポンサー」という

文字が表示されるので、「どの結果が有料登録により表示されているか」を知ることができる。また、有料掲載されたページが、無関係な検索の結果表示される

ことを防ぐ種々の手段を用いている。

 

最適化の手法


検索エンジン最適化には、様々な手法が利用される。適切なキーワードをタイトルやページ先頭に持ってくるというのが基本的な手法であるが、業者によっては、

検索エンジンスパムと呼ばれる手法が利用されることもある。ただし、検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、検索エンジンのインデックスから削除さ

れるなどのペナルティが課せられる。特定のドメイン・IPアドレスを検索対象から除外するペナルティもあり、ドメイン・IPアドレスの再取得といった多大なコスト

がかかってしまうことがある。

 2008年当初に、Googleではウェブページの順位決定のアルゴリズムにキーワードとリンクの意味づけとは無関係な時間的に新しい記事を優先するというルールを

採用したのではないかという観測があり[1][2]、この観測が正しいならば最適化手法の見直しが必要になるであろうとともに、広く重要性が認められる情報が検索

結果上位に表示されなくなるという恐れもある。

 

目的キーワードの分析


検索エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することである。例えば、製品や

サービスを比較しながら探す場合、検索ボックスには製品の固有名詞ではなく一般名称が、特定製品の機能名ではなく一般的な機能名が打ち込まれる傾向にある。

この語句の集合は目的キーワード群または目的語句と呼ばれる。目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができる。

 

キーワードに沿ったページの構成


ある検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページは検索キーワードに合致もしくは関連するキーワード群を含んでいなければならない。

 あるページが、あるキーワードにどの程度関連しているかは、検索エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定される。そのアルゴリズムはウェブ

ページの順位を決定する公式を計算する。検索エンジンは、ウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、

そのページは何を記しているページで、あるキーワードに対する関連性がどの程度かを判断する。

 

リンクの作成

 多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準に、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用している。したがって、

ウェブ上の他の関係あるサイトに自分のコンテンツについて通知し、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクをはったりすることが対策

として行われる。

 また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクを辿って巡回を行うので、検索エンジンに登録してもらいたい場合、そのページへのリンクを作成しておくことが

必要になる。「サイトマップ」を作成することはその手法の一つで、推奨されていることでもある。サイトマップは、トップページやサイト上のすべてのページから

リンクされているのが好ましい。このようなページがあると、ひとたびスパイダーがサイトを見つけた時に、そのサイト全体が索引化される確率が高まる。

 

HTMLによる最適化


検索エンジンは、HTMLのtitle、meta、strong、hnの各要素などを重視すると考えられているため、重要なキーワードをこのタグで囲って、重要であることを

示すこともされる。例えば、見出しとして強調したい語句を font 要素で赤く大きな文字で表示するようにマークアップすると、それは単に「赤くて大きな文字」

というようにしか解釈されないが、h1 要素(とスタイルシートによる装飾)を使えば、検索エンジンにとっても、それが見出しであると解釈され、検索にヒット

しやすくなるという具合である。これは、基礎的なセマンティック・ウェブと言うことも出来る。

 なお、この手法は、文書の論理構造を無視して過度に行うと検索エンジンスパムとみなされる可能性があり、注意が必要である。[要出典]

 

不適切な最適化


[関係のないキーワード]

サイトと無関係なキーワードを大量に埋め込む。sexなどよく使用される言葉を背景色と同色で記述するなどの方法を使用する。隠し文字、といわれる。


[関係の乏しい地名などの羅列]

地名をキーワードにして検索する者が多い(例「千代田区 ホテル」で検索)ことを利用して、サイト内容とは直接関係のない大量の地名(市名や区名などを)

を埋め込む。


[不適切なリンク]

内容の関連性のないページにリンクを設けたり、リンクのみのページを作成したりする。極端に小さな画像に隠しリンクを作成することもある。

リンク・スパム ? Google のような検索エンジンは、適切に得られたのではない何千ものリンクを見て、あるページの関連度(ランキング)を高いと判断して

しまう場合がある。Google のリンクに対する敏感さは、他のサイトにリンクを張るウェブマスターにとって疑わしいものになっている。彼らは所望のキーワードを

内向きリンクのハイパーリンクされたテキストにおいている。「Google 爆撃」 (en:Googlebombing) と呼ばれるこの行為は、悪ふざけでもあり得るが、商業上の

利益のため順位に影響を与える意図的な試みでもありうる。


(検索エンジンに最適化されたページの作成)

目的とするページへの誘導のみを目的としたページを作成し、検索エンジン用に文書構造などを最適化する。入り口になるページはドアページと呼ばれる。

ドアページは閲覧者にとっては意味不明であることが多く、metaタグによるリダイレクトが行われていることも多い。


「クローキング」 (en:Cloaking) ? 人間に見えるページと異なるページを検索エンジン・スパイダーに提供するいずれかの方法 ? は、SEO手法のうち最も論争

の種となるものである。クローキングは特定のウェブサイトのコンテンツを検索エンジンを誤解させる不当な試みでありうる。一方で、検索エンジンが処理・

解読できないが人間の閲覧者に有用なコンテンツを提供するのに用いることができる。クローキングはウェブサイトのアクセシビリティを視覚障害者やその他の

障害者に提供することにも用いられる。あるクローキング行為が倫理的か否かを判定するよい基準のひとつは、その行為がアクセシビリティを高めているかどうかである。

(アフィリエイトで大量リンク獲得)

一部の業者で見られる手法だが、複数の大手アフィリエイトASPに広告主として加入し、一見高額の報酬を提示して一気に大量のリンクを集める。

一部の悪質と見られる広告主は、広告搭載サイトへの報酬支払い承認率は数%と、通常では考えられない不自然な低さであることから、検索エンジン上位表示と

報酬支払い踏み倒しと二重に不当な利益を得ていて、検索エンジン表示の公平さを歪めている。アフィリエイト業界の不透明さが不適切な最適化の一因になっている。

[無料アクセスカウンタによる大量リンク獲得]

これも一部の業者による手法で、無料のアクセスカウンタサービスを提供し、その対価としてユーザーに隠しリンクを記述させる。このカウンタ設置には、

HTMLで直接記載させるタグをASP側が用意しているのだが、規約で一切のタグの改変を禁じている。設置者は、HTMLについてほとんど理解しておらず、

そのまま貼付してしまうことを利用した結果、大量リンクに加担している。


(リンクの売買(有料リンク))

もっぱら検索エンジンでの結果を向上させることを目的として、他サイトからのリンクを購入し、あるいは自サイトからのリンクを販売等すること。

特に、Googleでは、そうした不当な有料リンクの報告を募っている。

 

(不適切な最適化という名目でのライバル検索エンジンの排除行為)

Google又はヤフーなどの検索エンジンは、無名な検索エンジンへの登録行為や有料テキストリンクの売買を検索スパム行為であると認定しているが、これは

検索エンジンのライバル業者が生まれないようにするための大義名分に過ぎないという見方もある。ヤフーなどのカテゴリは有料であるが、一般サイトの検索

エンジンのカテゴリは無料の価値しかなくスパム扱いされる。これは第三者的立場から判断するならば、公平な判断ではなく、新たな検索エンジンの誕生を阻害し、

既存の検索エンジンのみを価値あるものとする歪んだ倫理観である。Google、ヤフーなどの検索エンジンは株式会社として上場し、実際には広告収入で莫大な

収益を得ており、一企業としてとらえるならば、一般検索エンジンやテキストリンクは、いわばライバルの広告媒体に当たる。無名検索エンジンや無名サイトの

テキストリンク広告をスパム扱いするということは、インターネット上のテキストリンク資源の独占行為に当たる可能性もあり、何を検索スパム行為とするかに

ついては、十分に議論したうえで検討しなくてはならない。

 

悪徳SEO業者・商材

 検索エンジンへの登録はアクセス数に大きく影響するため、商材や業者による悪徳商法が後をたたない。 具体的には以下のような手法を取るものがある。

アクセスがないキーワードを依頼者に指定させて成功報酬を支払わせる方法(複数単語など)

SEOスパム行為を行うもの
悪質なミラーサイトを作るもの
クローキングを行うもの

テクニック
ランディングページ最適化(LPO)
ミラーサイト
扉ページ (en:Doorway page)
クローキング (en:Cloaking)
リンクファーム

関連項目
ニグリチュード・ウルトラマリン (en:Nigritude ultramarine)
セラフィム・プルードルダック (en:Seraphim proudleduck)
グーグル・コンサルタント(en:Google consultant)
サーチャビリティ
Sitemapsプロトコル

脚注
Google Artificially Promotes Recent Web Pages
TechCrunch Japanese - Google、検索アルゴリズムを変更

外部リンク
Google - ウェブマスター向けヘルプ センター - SEO とは何ですか。… - (日本語あり)
Google(google.co.jp) - 検索エンジン最適化プログラム (Search Engine Optimizer)
MSN サーチ - サイト オーナー ヘルプ: 正しくインデックス登録するためのガイドライン
Yahoo! Search - Yahoo! Search Content Quality Guidelines - Yahoo!(YST)でスパムと見なされるページの典型例など(英語)
Yahoo! 検索 - 「検索エンジンスパム」とは
Google の秘密 - PageRank 徹底解説

中国や台湾の企業様向けのご参考のリンクです

開拓日本市場 打開日本市場 日本企業を探す